OLミユキさん

1コマまんがを描いています

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  歌舞伎
tag : 

春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)

蘇我五郎 橋之助

蘇我十郎 染五郎

静御前 福助

新春らしい風物を取り入れた踊りで幕開け

ちゃんと物語があるのですが、七草の踊りを楽しみました。

なぜか染五郎さんと福助さんの踊りは好きなんですよ。

理由を問われても困るのですがとにかく大好き。

強いて言えばサラリとしていてしつこさがないところが好きなのかな。

男女の踊りなんだけど爽やか。


今回の演目のことではないんですが

歌舞伎の物語の中の男女って独特のものがあって

ちょっとおどろおどろしい。

恋についていうなら女は一途で炎のように身を焦がし、しつこい。

男はヨロヨロと優柔不断で情がうすい。

女は男を支える。

支えるにもかかわらず、男は女を裏切るパターン。

女が男を騙し裏切られた男が女を殺すパターン。

どちらもお互いに依存しあう形から物語が発展している。


とても古典的な形です。


現代においての男女はもう少し精神的に成熟していたいと思う。

古典の中にも独立した女性のかっこよさが出ているものもある。

よく静御前はそういう女に描かれていますね。

男は大切なもののために命も惜しまないっていう頼りになる気っ風のいい人。

魚屋宗五郎がそんな人を象徴していると思う。

暖かい情を持った義理に厚い男。


お芝居の中のことではあるけれど、実際現実を生きる現代人も観て取り入れたり自分自身を顧みたりできるところが芝居の醍醐味ですね。


話は変わるけど、この間実家とスカイプしたんだけど

弟の子供は女女男なんですよね。

末っ子の長男が明らかにお姉さんのお下がりのパジャマを着ていた。

Aラインのフリル付き。

男女女男女男男女女男女男女男男女









関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://miyuqqui.blog123.fc2.com/tb.php/804-c312f480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

せいみゆき

Author:せいみゆき

カテゴリー
コメントありがとう
最近の記事
最近のTバック
ブログ内検索

RSSフィード
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

掲示板

ランキングもよかったら応援してくださいね
人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

リンク
ミユキさんにメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク☆バナー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。