OLミユキさん

1コマまんがを描いています

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  ブログ
tag : 

『盲長屋梅加賀鳶 』 (めくらながや うめが かがとび)は歌舞伎の演目。河竹黙阿弥作。明治19年(1886年)3月、東京千歳座初演。通称『加賀鳶』。全六幕。

序幕   
湯島天神境内の場

御茶の水土手際の場 悪党竹垣道元が持病に苦しむ百姓太次右衛門を親切な按摩を装って殺し金を奪う。そこに加賀鳶の頭松蔵が通りかかり道元の煙草入れを拾う場面


二幕目
本郷通町勢揃いの場「大名火消し」である"加賀鳶"と「町火消し」の喧嘩
天神前梅吉内の場


三幕目
菊坂盲目長屋の場 道玄は殺害した【太次右衛門】の妹【おせつ】を女房に迎え、太次右衛門の娘【おあさ】を近所の豪商伊勢屋に奉公に出しているが、毎日酒と賭博に入り浸り【女按摩おさすりお兼】を愛人にしている有様。おせつの嘆きをよそに、道玄とお兼はおあさを苦界に売り飛ばしおあさが主人から五両恵んでもらったことをねたに悪事をたくらむ。まったく許しがたい悪党!

同竹町質見世の場*おあさのニセ手紙をこしらえた道玄とお兼は、伊勢屋の主人に面会しおあさをてごめにしたと因縁を吹っかけユスリを働くが、駆けつけた松蔵に、道玄の落とした煙草入れを証拠にお茶の水の殺人を仄めかされ、二人はすごすごと退散する。


黙阿弥得意の五七調の名台詞「厄払い」が聴き所。


道玄 元より話の根無し草、嘘をまことにこしらえて、金をゆすりにきた道玄、怪談噺(かいだんばなし)を冒頭(まくら)にして、百と思ったその金も、僅か五十で四分六の、割りの立たねぇ仕事だが、半札(はんふだ)にして帰る気も、気障(きざ)な文句を言われちゃぁ、高座へつける隠し燭台(しょくだい)。この身に暗い疑いが、かかったからは切り穴へ掛煙硝(かけえんしょう)でどろどろと、前座のお化けをみるように、ただこのままにゃ消えられねぇ。戸板返しも打返し、後は灯入りの祭り提灯、明るい体にならねえ内は、帰らねぇからそう思え。それとも見世(みせ)の邪魔になるなら、内輪の下足同様に、ひとっつからげにふんじばり、ゆすりと言って突き出しなせぇ。

お兼 何を言うにも十四の娘、恥ずかしがってほんとうの事をあかして言わないから、私のうちへ連れて来て、女同士にだんだんと、聞いたらようやく口が開き、一部始終を言いましたが、奥のことゆえ、番頭さんは、大方ご存知ないありますまいが、旦那は覚えがござりましょう。机の下の雨音を聞いて凄い錦紅(きんこう)の、怪談噺の請売り(うけうり)で、あの子を思いいれ怖がらせ、独りで寝るのが怖いなら、ここへ入って一緒に寝ようと、言われて怖いがいっぱいに、一緒に寝たのが始まりで、続き話で毎晩毎晩、一つ夜着でねましたと、顔を真っ赤にして話し、額の汗を拭いますから、お前そんなに暑いかえと、聞きましたらば、にっこり笑い、旦那と一緒に寝たようだと嬉しそうに言いましたが、年齢(とし)の行かない十四の子に、よく汗をおかかせなすったね。何だか知らない顔をして、脇を向かずとその晩の、ちとのろけでもおっしゃいな


芝居やるなら悪党の役をやってみたいな。

おばあさんになったらぜったいイジワルばあさんになりたい。


四幕目  
小日向関口内の場
天神前梅吉内の場

五幕目
小石川水道橋の場
西念寺墓場外の場
日蔭町松蔵の場

六幕目  
菊坂道玄借家の場長屋では、赤犬が血のついた衣類を道玄宅の床から掘り出して大騒ぎである。実は道玄が御茶ノ水の殺人のとき返り血のついた服を埋めて証拠隠滅を図っていたのであった。一大事とばかり道玄はお兼とともに逃亡をはかるが、すでに遅く捕り手に踏み込まれる。お兼はあえなく捕縛され、道玄はほうほうの態で逃げ去る。


加州候表門の場(通称赤門。今の東京大学があるところが加賀藩邸でした。)追い詰められた道玄が、暗闇の中で捕り手の声を真似たり、相手の急所をつかんだりと、はらはらする場面のなかにも可笑しさを混ぜていることから人気が高い。

本材木町自身番の場


*全幕全場面をやるのは現在の歌舞伎座ではムリなのではしょっています。

小さい文字の場面ははしょった場面。



「加賀鳶」と「悪党竹垣道元のお話」がとってつけたみたいで繋がらなかった。
これは芝居独特の演出で、加賀藩を出すと当時江戸の人達が喜んだからなんでしょうね。

加賀藩お抱えの火消し人足「加賀鳶」の頭、梅吉の妻おすがをめぐる間男騒動と、悪党の按摩竹垣道玄の悪事の行状をない交ぜにした構成

どう考えてもお話が二つ。


赤門を象徴するということで加賀鳶が出てきたのは勇壮で華やかな場面を盛り込みたいという意図があってのことでしょうが。
お客がわかっているという前提での演出は、やはり敷居を高くしてしまう要因になってしまいますね。
これはブログを書く時にも言えることですね。

でも明治時代に竹垣道元みたいな悪党に人気があったのにはびっくり。

お兼の悪女ぶりも人気だったそうな。


ルパン3世の不二子ちゃんにはなりたいと思うけど・・・

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://miyuqqui.blog123.fc2.com/tb.php/753-22f2092c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

せいみゆき

Author:せいみゆき

カテゴリー
コメントありがとう
最近の記事
最近のTバック
ブログ内検索

RSSフィード
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

掲示板

ランキングもよかったら応援してくださいね
人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

リンク
ミユキさんにメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク☆バナー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。