OLミユキさん

1コマまんがを描いています

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  ブログ
tag : 

河井 寛次郎(かわい かんじろう、1890年(明治23年)8月24日 - 1966年(昭和41年


京都にいるころ五条坂の寛次郎記念館によく遊びにいった。

ただ行って記念館の中で、寛次郎さんを想う。

想うだけで胸が熱くなってしまう。

まるで恋人に会いにきたみたいな気分になった。


わたしはこの人が好きで好きでたまらない。

今もまったく変わらず、自分でもおかしいのではないかと思うくらいだ。


京都に行ったら必ず立ち寄る。


この記念館はもともと寛次郎さんが住んでいた家でウラには登り窯があり、仕事場も兼ねていた。

ここに行って生前この椅子にすわって物思いに耽っていらしたであろう椅子にすわり、眺めたであろう庭を眺める。


陶工河井寛次郎はアレクサンダー・カルダーとは同世代ではないかと想う。


わたしはそのころのアーティストが好きみたい。


理屈ではないんですよね。


『私は木の中にいる、鉄や真鍮の中にもいる、

人の中にもいる。

一度も見た事のない私が沢山いる。

始終こんな私は出してくれとせがむ。

私はそれを掘り出し度い。出してやり度い。』 ~河井寛次郎~


詩を書き絵を描き、読み、書き、思う人。


日本にもismがあった

民芸運動というものだ。

そういう活動もした人

棟方志功」を見出したひと。

数えあげたらきりがないほど仕事をした人です。

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://miyuqqui.blog123.fc2.com/tb.php/729-a372a2a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

せいみゆき

Author:せいみゆき

カテゴリー
コメントありがとう
最近の記事
最近のTバック
ブログ内検索

RSSフィード
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

掲示板

ランキングもよかったら応援してくださいね
人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

リンク
ミユキさんにメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク☆バナー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。