FC2ブログ

OLミユキさん

1コマまんがを描いています

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  絵日記
tag : 
a.jpg
この景色を時々思い出す。景色と共に切ない気分になる。これは夢なのか、現実なのかすらわからないほどおぼろげな記憶だ。

二十歳ぐらいの時に1度父に尋ねたことがある。

そんなことがなかったかと。

山の中の道端に取り残されている小さいわたし。

父はニタっと笑っただけだった。

それでもずうっと気になっていてもう一度帰省した時に聞いてみた。

やっと父は白状した。

妹が生まれたとき母は貧血がひどく普通の出産より長く入院しており父がわたしの世話をしていた。そんなある日、山の中にある知り合いの家にバイクで行った帰り道、乗せていたわたしが落ちたのを知らず帰ってしまったのだそうだ。気付いてすぐに引き返し無事保護したらしい。

すごくイタイ話だ
・・・こら父・・・
関連記事

コメント


バイクから落ちた!?
それだけでも十分痛そうなのに、
そんな山奥でとっても心細かったんですよねきっと。
いまでも覚えている昔の記憶って、
やっぱりインパクトがあったから覚えてるんだなって
改めて思いました。
2008/01/26 23:56URL  まりコ #GCA3nAmE[ 編集]


まりコさんへ
父は後悔してたらしく
なかなか口を割らなかったんですよ
こんなふうに記憶の片隅に残るとは
相当インパクトあったんですね
2008/01/27 00:30URL  ミユキ #-[ 編集]


ご訪問&コメントありがとうございました。
m(_ _)m

す、スゴイ記憶ですねー。
ちゃんと理由が解明されたのもなんだか劇的ですね。
私もそういう記憶ないかな~。

また遊びに来て下さいね~。
(^-^)/
2008/01/27 10:49URL  こい☆ #Y5CKP18E[ 編集]


こいさんへ
コメントありがとう
はいはい、また遊びに行かしていただきますね
2008/01/27 13:30URL  ミユキ #-[ 編集]

なんだか
なんか念写じゃ無いけど不思議な話ですね。
それにしても「こら親父~!」
2008/01/27 15:20URL  プチホス #ZQO/YBwY[ 編集]


ウチの父ってそういう人なんです
だけど大好きでして
ある意味ファザコンですね
2008/01/27 15:24URL  ミユキ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://miyuqqui.blog123.fc2.com/tb.php/66-fd1bf21a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

せいみゆき

Author:せいみゆき

カテゴリー
コメントありがとう
最近の記事
最近のTバック
ブログ内検索

RSSフィード
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

掲示板

ランキングもよかったら応援してくださいね
人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

リンク
ミユキさんにメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク☆バナー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。