OLミユキさん

1コマまんがを描いています

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  エッセー
tag : 
学者の計算によると宇宙が生まれてから150億年位経っているらしい
宇宙の宇という文字は空間の広がりを表し、宙は時間の広がりを表すそうだ

  u.jpg


それとは関係ない話だが、この間Iちゃんという友達が「古代米」とう絵を描いたんですが、それについて
Iちゃん:「ねーミーちゃぁん、作品の説明ってさあ、やっぱ考えるワケ?っていうかさーそーゆーめんどくさいこと考えて絵描いてる?普段」とのたまうので

わたし:「そんなわけないじゃん出来上がった後ででっちあげるんだよフツー。(と答えてちょっと不安になった)周りの絵描きさんはどーなのよ」

Iちゃん:「それがさーみんな語る語る・・・生きるか死ぬかぐらいの事を考えてるらしいよ」

ゲッ!
まずい!わたしなんにも考えてないぞ作る時

そーなんです、わたしは普段いろんなことを空想したり本読んだりネットで調べたりしてるけど、作品作り始めるとなんにも考えなくなるんですよね

出来上がって展示したりするときにまあテキトウっていったらなんなんですがもっともらしく語ったりするわけなので

いつも空想とか妄想とか吐き出したくはあるんですが

とにかく中坊の頃からわたしとIちゃんにかぎって何も考えてないと思います当然

わたし:「稲の穂が風にゆれる樣をみて素直にゆれる稲に感銘を受けた・・とかなんとかどう?」ってまんまじゃん


Iちゃん:ぎゃはははよく言うよ描いてたらイネになっちゃったんだよー!ミーちゃん相変わらずだねーぎゃははは
・・・って二人とも中坊からまったく変わっておりません


というわけでわたしのブログをみてなるほどなーと感心したり、まちがっても勉強したりしないほうが身のためですよん
犠牲者が出る前にお断りしておきます



スポンサーサイト
Category : 
tag : 
azi2.jpg


梅雨の華は紫陽花

何年間か花ばかりデッサンしていた時期があり
昨日整理していたら10冊のスケッチブックが出てきた
最初の頃の5冊は使い物にならないくらい稚拙でした

徐々にというより6冊目の真ん中あたりから急にデッサンになっている

おもしろいものですね

意外と進歩ってそういうものかもしれませんね


この紫陽花あなたも描いてみませんか?
おもいつきなんですが
ぬりえみたいに色をのせてみたら楽しいかな

わたしはこんな風に下書きします
(普段はもう少しおおまかですが)
花らしくするにはひとつひとつの花にとらわれずかたまりととらえる事を自分に言い聞かせます
それからとりかかるとうまくいくと思います

この下絵はいつもお世話になっている皆さんにありがとうの気持ちを込めて

わたしからささやかなプレゼントです

よかったら遊んでみて!



ご訪問ありがとう
おしてねここ→人気ブログランキングへ
Category : 
tag : 
わたしがいつも遊びにいっているブログ
牛乳配達”らくがき”日記in東京のギューくんの絵の中に
さりげなく潜んでいるいろいろをみつけるのが好きです

みつけてはコメントするのが日課になったりしています

梅雨にはいりましたかね~

こんな紫陽花もありましたよ

gaku.jpg


単調になってしまいがちな日常の中に意外とおもしろいことが潜んでいたりするんです

そういうのをみつけて楽しむのがマイブームでして


ミユキ流シュールな日常です


同じように感じながら日々生活してる人ってけっこういるんですよね

今それと同時に悪戦苦闘してることがありまして

ねずみちゃんがらみなんですが

そうそう・・・久しぶりの登場です

そんなこんなをまた明日から描きますかね

けっこうたいへんなことがおきてるんですよ~

ご訪問ありがとう
おしてねここ→人気ブログランキングへ


Category :  ネズミちゃん
tag : 
ネズミちゃんに関してわたしの思っていることはこちらを読んでいただくとわかっていただけるかと思います


しょっちゅう出会っていたネズミちゃん、最近はあまり見かけなくなりまして

食べ物が無いのでうちは見限ったかなと思ってましたが

先日遅くまで起きていたときのこと
キッチンでドスっという音が聞こえたんですよ
それで覘いてみると
目をみはるくらい大きなやつがいるではありませんか
ヤツはわたしに気付いてすばやく逃げました

あっあんなところに穴が・・・
nezu3.jpg

ますますデカくなってます

逞しくなって・・・
って感心してる場合か?

なんだか目つきが悪くなって凄みがでてきています

今までにいろいろいきさつがありまして
カテゴリーの「ネズミちゃん」をご覧になればだいたいわかると思いますが

ネズミちゃんと知り合ってから月日がたつにつれて
彼の行動がだんだん大胆になってきまして

まあオトコという生き物はそーゆーものらしく
慣れてくるとろくなことしません
ネズミだっておんなじ(・・・カナ?)

食料を置かないとか部屋をきれいにするとか対策を講じてきました

食料が何もないとわかったのかしばらく見なかったんですね

それがそれが・・・
ネズミちゃんが逃げてそんなこんなを思って立ち尽くしていると
カサコソおとがするんです

その音のする方をみると

        nezu4.jpg


ちいさいのがヨチヨチしてるじゃありませんか
ヨチヨチ、ヨチヨチ
つかまえようと思えばつかまえられるくらいとろとろしています

しかしふと考えました
つかまえてどうする?

考えてる間に逃げられました

ってことは奥さんがいる?
アイサツもなく結婚して赤ちゃんできて家族で幸せにくらしてるの?

わたしというものがありながら・・・

クッソー子供まで作りやがって

っていうか・・・そーいう問題か?

いろんな気持ちが交錯しながらその日は朝まで眠れませんでした

~~~~~~~~~~~~~~~~~~つづく~~~~~~~~


Category :  ネズミちゃん
tag : 
昨日はこのブログはじまって以来2番目に多いあくせす
皆様ありがとうございました
失恋に反応されたのでしょうか
わたしの恋愛がそんなにそそるものだとは思いませんでしたね

なーんだと思った人ザマーミロ

ご要望にお応えして今日は
初恋bar.jpg

わたしの初恋は小学1年生

わたしは担任のヒロセ先生が大好きでした

声を聞くだけでうっとりうとうと深い眠りに落ちてゆくのだった

なのでヒロセ先生もわたしのことが当然好きに決まっていると思い込んでおりました

しかし、しかーし

その秋の学芸会が近づいたある日

舌切り雀のすずこの役はケイコちゃんに決まった

この時わたしははじめて失恋を経験したのだった

たった半年の短い恋は『舌切り雀」でおわったのだった



昨日のネズミちゃんは何番目の失恋でしょうかn11.jpg


はい5番目でした

『巡恋歌』であります

巡恋歌といえばこの歌が十八番(?)の
ともっちのブログともっちのお暇なら読んでよ♪で紫陽花を
塗り絵ってくれました


すっごいカワイイ絵になってたよ~

みにいってね~



Category :  エッセー
tag : 
ともっちのお暇なら読んでよ♪

オーナーともっち

短歌ブログというかなり高度な知性の必要なジャンルなんじゃないかとおもわれるが

そこで遊んでいるともっちはなかなかスゴイやつなんだろうと思う

そのともっちが
わたしの紫陽花のスケッチに色をぬってくれました

昨日ちょこっと書いただけじゃ紹介になってないと思い
ここに載せます

「塗り絵ってみました」 と題して

紫陽花はたぶん男だと思う
           『水も滴るいいお花』だし


という歌だった

一瞬泣きました、なんていいやつなんだろう
(なのになんでヨメにいかないんだろう←ホットケ)

形式とかは無視して(これから勉強するとして)

返歌ga.jpg


       エロあざやかに 超モテ女



Category :  お話
tag : 
あかがえる
すーいすい
たらいのなかですーいすい

おとうさんがつかまえた

あかがえる
すーいすい
いいきもち
てあしのばして
すーいすい
たんぼにいた
あかがえる

おとうさんがつかまえた

たらいのなかで
すーいすいてあしのばして
すーいすーい

   kaeru.jpg

小学1年生のある日、ヒロセ先生が「カエルをみつけてきて」とみんなに言った

父に頼んだらよろこんでつかまえてきてくれた

それもすごくりっぱなアカガエルだった

学校に持っていったら

とてもめずらしくてかっこいいカエルだったので、ヒロセ先生やクラスのみんなが大喜びだった

「うちのお父さんがつかまえたんだよ」と何度も心の中でくり返していた

それで小学1年生のわたしはこんな詩を書いた

学校のお知らせに掲載されて、先生方や父兄から大絶賛されたらしい

豊かな子供時代だった


今日はネズミちゃんのことを話そうとおもっていましたが

夢に向って~(ダイヤモンドプリンセスクルーズ)のカエルさんからカエルを描いてって宿題だされてたので
ふと、こんなことを思い出した

ネズミちゃんは明日



Category :  ネズミちゃん
tag : 
ベンのテーマ



ベン、僕ら二人はもう捜さなくていいんだ
二人とも探し物を見つけたから
親友と呼べる友だちといっしょなら
僕はもうひとりぼっちじゃない
そして君にもわかるよ
僕が君の友だちだってこと

ベン、君はいつもあちこち駆け回っていて
どこへ行っても歓迎されないようだけど
もし、後ろを振り返って
そこにあるのが、いやなことばかりでも
これだけはわかって欲しい
君には行き場がある
僕はずっと”僕と自分”って言ってきた
でも今は”僕ら”と言えるよ

ベン、ほとんどの人は君を追い払うけど
僕はそんなことに耳を貸さない
あの人たちは僕みたいに君を見てないのさ
僕みたいにすればいいのに
そしたらきっと彼らだって考え直すと思う
君のような友だちがいれば
ベン、君のような友だちがいれば

『ベン』という映画観た事ない人でもマイケル・ジャクソンのこの歌はご存知の方多いとおもいます
ベンはネズミですね
この歌はじめて聴いたのは確かダイアナ・ロスとマイケル・ジャクソンのデュエットだったと思う

マイケル・ジャクソンをダイアナ・ロスが見出して世に出したなんてウソッパチをまんまと信じていた時代もあった
maik.jpg

切なく心にしみる歌声だったな
これはCDになってないのかもね

ジャクソン5のCDはあったんだけど
マイケルがソロで歌ってるんだよね

ネズミちゃんとはそれほどの仲にはなってないけど
干渉はできるだけしたくないよ

ネズミちゃんを見かけると、この歌がスイッチオンになる、条件反射だねまるで

この曲から感じられる孤独感、さびしさ、せつなさはわたしにも解かるんだ

ちいさな町で愛に溢れた子供時代をすごせたとしても

いろいろな想いはわたしだけの感覚でおいそれと誰とでも共有できるものではないんだね

いろいろあるんだよ人間なんだから

子供の頃、よく母を相手にあれこれ話してたんだけど

かなり軽く流されてましたねー

そりゃそーですよねー
母にすれば
『知らない、わからない、わかりたくも無い』って心境だったんだろうなー

だって今思い出しても何考えてんのこの子って思うようなことをグジュグジュかきまぜて自分でもワケわかんなくなってましたから~



Category :  歌舞伎
tag : 
梅雨入りしましたね~

カミナリに雨は六月の風物詩
youmyaku.jpg


今日は行ってまいりました

六月大歌舞伎!


しかも、なんと花道のある桟敷席の一番前

新薄雪物語

柳沢教授と鬼平が隣で話し込んでる、いえ本当に花道で二人が相談してる場面がすぐ横で観れたのです

ちょっとリッチな気分

若い衆が頭の上を走ってくような場面あり

なかなか臨場感ありました


俄獅子(にわか じし)
「多くの遊客で賑わう江戸の新吉原で芸者(福助)と鳶頭(染五郎)が賑やかに踊ります
『相生獅子』の詞章を巧に用いた、洒落た味わいの長唄舞踏です」
とカタログに書いてありました

めっちゃイロッぽいふたりでした~
踊りはこうでなくっちゃ

OLミユキさんは染五郎さんと福助さんのファンになりましたよ

kabuki2.jpg


歌舞伎って敷居が高いと思い込んでいましたが
実は・・・
例えば『俄獅子』だけ観るなら600円で観れます!
幕見っていうんですが、演目によって料金が違います

詳しくはこちら
  ↓
歌舞伎美人

一子相伝に近い芸は一流ですよ
日本の一流の芸が600円で観れるなら観ないって手はないですよ



Category :  エッセー
tag : 
たまの晴れ間は気分がいいので余計なことを始めちゃいます

「ネズミちゃん攻略システム」と題してトタンで工作です

ブログを書いているとですね
時々っていうか
常にネタに困っているんですよ

      l.jpg


それでしょうもないことをあれこれ思い出したりして

ネタにしちゃうんですが・・・

今日のは強烈ですよー

小学4年生のある日のこと・・・そうですあの日です

女子だけ保健室に集められる日があるのは皆さんご存知ですよね

何なんだろうとみんな思うんですが

わたしは女子だけ特別にメチャクチャステキな映画がみれるんだと思ってワクワクしたのを思い出しました

しかしその期待とはぜんぜん違う内容でした

この日のことは男子も相当興味を持っていたみたいですね~
いろんなガセネタが飛び交ったようですな^^

ワクワクしたことはしたのですが(違った意味で)

家に帰って速攻やったことは

母にワケを話してお金をせしめ、商店街に走りました

興奮しましたねー

お店で、まずは洋品店で下着を買いました
真剣に色を選び(当時ピンクかブルーしかなかったんですが)
次は薬局です!

いろいろ種類がありましたが
下着と色をあわせて買いました

それをセットにしてファスナーのついた小物いれに収めてタンスの一番上の開きの中に大切にしまいました

それからは今か今かと使うのを楽しみにして・・・

何年待ったでしょうか
正直わたしにはバラ色の人生は来ないのではないかと思いました

とにかく、使う必要ができたときには
わたしのワクワクセットは使い物にならないくらい古臭く(見た目も機能も)なっておりました

しかもタ。。ンというものも出てきてまして

これはすごい革命だと思いました

なので速攻購入したわけですが
どうやって使っていいのやら解かりません
申し訳程度の説明書が入っていましたが
絵が簡単でデフォルメしすぎでよくわかりません
年の近い叔母に聴いても「使ったことがないからわからない」と言われ

そんなこんなで悪戦苦闘したわけです

そこでIちゃん登場です

高校1年の秋わたしたちは学園祭の準備で学校に3日間合宿することになりました

これは演劇部恒例のことだったのですが

わたしたちはまたバカなことをやっておりました

~~~~~~~~~~つづく



Category :  エッセー
tag : 
Iちゃんは、中学の同級生
高校はクラスが違いましたが、部活がいっしょでした
別に相談して決めたわけではないのですが・・・

くされ縁?bara.jpg



中3の夏「好きな人ができてメチャメチャ好きになったりすると妊娠するんだよ。」と、またしてもいいかげんな情報を教えてくれました

え~~~アレにもなってないのに妊娠か~~~!?
わたしはだまされまくりました

そして高1の合宿1日目

わたしはIちゃんにアレを試してもらおうと画策しました
「ねえ、Iちゃんまだナ。。ンつかってるの~?」
「そーだけど」
「今時みんなタ。。ンだよー!あたしなんか、あの日もプールOKラクチンタ。。ン革命だよ」
というと
「え~~~っ!ほんと~?そ~なんだ~」
しめしめ乗ってきたぞ!
そこでわたしが使用するのをあきらめて残ったブツを取り出して
「これ分けてあげるよ、試してみて」
と言って半分あげてその気にさせ
夜、ユ。。イが出ると評判の学校のトイレでガンバリました

わたしはドアの前に立って指導です

タ。。ン革命!!

トイレの中のIちゃん
「え~~~っ!わかんな~~い!どこにど~すんの~?」

やっぱり!!!

「おかしーなーアタシはちゃんとできたよ」(ウソです)
「ほんと~?」

「うん、らくちんだよ、ホラもっとがんばって!」
「う~~ん」
って力んでどーすんだよ!

わたしはもう転げまわって大笑いしたいのを必死でこらえて

「~と~の間にぎゅっと」とか言ったりして

いや~もう大変でした


わたしたちは、かなり長い時間がんばったのでIちゃんはとうとう疲れてトイレから出てきました

そしてうまくいかなかった腹いせにそのへんにあったバケツに水を汲んでその中にブツを投げ込みました

おおおおお~ふくらみましたよ~

こ、こんなもの体に入れてダイジョウブなのか?

素朴な疑問が湧きました

そして気持ち悪いのと夜のトイレが急に怖くなったのとでヒイヒイいいながらバケツのことはすっかり忘れて
部室に帰ってさっさと眠りました。

~~~~~~~~~^~~~~~~つづく


ただ今芸術総合2位→ブログランキング
天界1位を目指します


Category :  エッセー
tag : 
わたしたちふたり、はずかしい話なら数々ありますが

お互いの名誉のために他の人には言うまいと思っていました

しかし最初にその禁をやぶったのはIちゃんでした

なんとあの最大の秘密「タ。。ン革命事件」を

ラジオの深夜放送に投稿しやがったのだ

しかも事実プラス大幅な脚色入りで


トイレの異物入りバケツのことは演劇部内で問題となったのは言うまでもありません

だれがやったのか!!!

・・・ミステリーです

わたしたち二人意外の部員にとっては・・・


例の深夜放送ですが、Iちゃんひとりで楽しめばいいものを

old.jpg



卒業して数年後ポンコツだけど車買ったというIちゃんに誘われてドライブに行った時

カーステレオをつけると流れ出しました深夜放送

テープに録音してあったのですよ、ご丁寧に


な、なにこれ、、、MってMってまさか、、、

ぎゃ~~~~~~~!

全国に流されたんですね~~~あのネタ・・・


しかもDJウケまくってるし

Iちゃんはある時期かなり長い間ラジオ投稿を楽しんでいました

わたしの好きな歌をFM東京から送ってくれたこともありました

あの頃はまだ人生に先があるなど考えてもみなかった

オンナとしての旅はまだはじまっていなかった


最近はわたしたちも、すっかりオトナのオンナになって・・・

おほほほほ~~~

それでも生きているのさ~


Category :  エッセー
tag : 
花のいのちは短かくて 
          
        くるしきことのみ多かりき


林芙美子でしたっけ


中学、高校時代
なぜこんなばかげたことに心血をそそいでいたのか

なぜここまでしてバカなことを繰り返していたのか


それはやらずにいられなかったから


そんなことでもしていなければ生きていられなかった

現実を受け止められず、苦し紛れにやった精一杯の抵抗だった


Iちゃんもわたしも必死だったんですよ


どんなにがんばったってわたしたちは負け犬だった

お祭りで天狗になれないし

御神輿かつげないし

野球のチームに入れないし


なにも野球がやりたかったわけじゃないですが

平等って言ったって、そんなの幻想にすぎない

最低だった

生きてること自体が最低だった

      bara3.jpg



一歩でも まちがえちゃうと 笑えない

    苦心しますよ 笑うためには




Iちゃんはわたしによく言う

ミーちゃんは昔から自信家だったって

自信ありますよわたし

みんなのこと大好きだって

大切に思ってるって言える

わたしがそう思うのであって

だれがどうしたって揺るがない自信がある

誤解したりしないでほしいが、かかわった人を大切に思っている

いつだって

      hana.jpg


はじめての個展のとき
この花を贈ってくれたねIちゃん

初日から最終日まで可憐に咲いていましたよ





Category :  エッセー
tag : 
コンチャ・デル・マールという踊り手がいる
薔薇のようなと形容される踊り手だ
子供の頃スペイン戦争を経験しているというから
もうかなりなお年かもしれない
     bara4.jpg


最近その人とよく似た踊り方をするダンサーがいる

エバ・ジェルバ・ブエナ               fla.jpg


日本に来ると公演のチケットはすぐ売り切れるという

ふたりに共通していることは

薔薇の花のように踊ること

けっしてハデな踊り手ではない
しかし匂い立つような美しさがある

オールド・ローズのウィリアム・ロブのように

歌舞伎でいったら
福助さんだろうか


これからもたくさん絵を描いて皆様を癒やしたいと思います!

よろしくね~♪
Category :  エッセー
tag : 
スペインの薔薇
エバ・ジェルバブエナ
EVA YERBABUENA


OLミユキさん人気blogランキングベスト10入り記念公演!?



今この人が一番好きです

言葉はいらないですよね


Category :  エッセー
tag : 
スペインにはちょっとだけ縁があって
地中海に浮かぶ島に1ヶ月ほど滞在したことがあります
毎日毎日散歩してました
歩くのが苦にならなくて不思議なくらい体が軽かった

石の家と赤い薔薇
 s3.jpg


スペインの地中海地方の印象です
アパート式のホテルで描きました


日本で卵巣の手術をした1ヶ月後に旅立ったのですが
とてもよい療養になりました
医者から何があっても知りませんよと言われましたが
強行してよかった!
それくらいスペインの空気はここちよかった

この時にコンチャ・デル・マールを知りました
直感的に この人は薔薇だ と思いました
シャイでおくゆかしい女性でした
日本人みたい!!
昨日の動画のエバも同じ匂いがする
あ、そうそう昨日の画像の最初にエバが言ったことばは

グラナダの空気とか光とか、そこで暮らす人々が
どんな風なのかを表現した

みたいなことだと思います


たくさんの人に伝えたい!!

この心



Category :  エッセー
tag : 
なけなしのお金でスペインに行くということは

職を失う
卵巣摘出手術の後で体力無し
途中で傷口が開く可能性有り
所持金1ヶ月暮らす分ギリギリ
帰っても1ヶ月暮らす分以外に貯金無し
つまり帰ったらすぐ働かないと生活できない状態
職があるかどうかもわからない

リスクオンパレード

しかし行くべきだとおもっちゃったんですねー

ひとつだけ『天は我に味方した』と思うことがあった

それはドルのトラベラーズチェックを買っていったこと

別に意味もなくそうしたのだが
スペインに行ってる間ずーっとドルが上がりつづけて
滞在1週間目には買った値段の1.8倍になっていた

ラッキー!

なんとかなるものだね


OLミユキさんinスペインはあしたまた・・・つ・づ・く



こんなのみつけました

笑って!!!



今日は絵はなし
ちょっと仕事はりきりすぎて
手首がいたくて描けないのだ~~~^^


Category :  エッセー
tag : 
梅雨はあとすこしで過ぎるかな
沖縄は明けたみたいだけど

今日はお約束どうり
OLミユキさんinスペイン

地中海地方は1年中温暖で梅雨とかは無いみたい

わたしは雪国出身なので
お酒大好き

スペインはワインが有名
キラ~ン
ちょっと山の方に行くと葡萄畑がひろがっていて
ここでも地ワインがあるのかなー
     g1.jpg


宿はキッチン付きだったのでほとんど自炊
近くのスーパーで食材を買った
とにかく物価が安かった
ワインも売っていて水より安かった
ホントです

なのでたっぷり飲めました

まあ高いのはキリ無く高いんでしょうが

2リットルパックのワイン
冷凍トルティージャ
(スペインのオムレツ)
グリーンアスパラ
煮込み用野菜パック

一週間分の食料2000円でお釣りがくる
ビンボウなのに気分はリッチ

使い捨てカメラしか持ってなかったので
すみませんこんな写真で『アスパラ』です

     asupara.jpg

無農薬野菜なのかな味が濃くて野性的なあじわい
安くておいしいので毎日食べた

冷蔵庫も鍋も食器も付いてる
           kit.jpg


海沿いのリゾート地のホテルに滞在したので景色はフツウのリゾートな雰囲気
ここらへんを歩いてメインの町プラサマジョルカに行くのが日課だった

     pul.jpg

山の方に行くとまた違った感じです
明日はショパンゆかりの地バルデモサを紹介します


皆様いつも応援ありがとうございます
きょうも忘れずクリックね~♪


「on a ダイエット!」もチェック!
Category :  エッセー
tag : 
どうして毎朝プラサマジョールまで徒歩で40分もかけて行ったかというと
目的は銀行なのです
ホテルの近くの両替所は手数料が高いのを学習しまして、それからドルが上昇していていっぺんに換金するのが得策と思えなかったので

その日使う分だけ両替したんです

賢いでしょ
少ない所持金を最大限に生かそうとすると頭脳が働くのだ~

時間はいっぱいあることだし

ホテルは朝食が付いていて、地下が食堂になっていました
たっぷり食べてからロビーで電光掲示板をにらみそれからホテルを出て散歩しながら銀行へ

もちろん同じ道は通らない、だって道ってつながってるでしょ

迷子になってもホテルの住所はわかってるし、地図もあるし、いろんな匂いをかぎたかった

          roji.jpg

マジョルカの路地裏
その辺にいた奥さんにシャッターおしてもらいました

途中に有名なカテドラルがあってのぞいてみたりバルでコーヒー飲んだりして、寄り道しながらの散歩は楽しい

一週間はそんなふうにすごした
だいたい生活費の目安がついたのとドルがそろそろ上げどまりになりそうだったのである程度まとめて換金して、次は反対側を散歩することにした

水辺の散策

 mir.jpg


歩いているとホアンミロ通りという標識をみつけ
え~~~ここってミロと関係あるの~?
じつは知らなかったのです

有名な画家ミロのアトリエがあったらしい

その辺をうろうろ歩き回りました
たぶんこの奥にアトリエがあったんだなって所をつきとめ中には入らずミロの気持ちを思いながら散策しました

何を思ってここを歩いたのかな~なんて想像しながら歩くとたのしい!

シアワセな気分に浸りました

夜はホテルでワイン飲みながらミロをおもって絵をかいた
あんなところにアトリエ構えていいなーなんて

あ~今日はバルデモッサを紹介するんだっけ
違う話になっちゃったな
すみません





「on a ダイエット!」もチェック!
Category :  エッセー
tag : 
 gr.jpg

ホテルから北へ山道を20キロほど行くと
バルデモッサという美しい村がある

        syo.jpg

ショパンが病気療養のため滞在したことで有名なカルトォハ修道院

恋人ジョルジュ・サンドとショパンが半年ほど滞在したそうだ

この修道院でショパンは24の前奏曲集を完成させた
『雨だれ』という曲はここで作られた

この修道院には薬草畑があり様々なハーブが栽培されている

        nekoq.jpg

修道院の庭を歩いていたネコ

フジコ・ヘミングのCDを聴きながら
あの修道院のこじんまりとした佇まいを思い出す

        midori01.jpg

これはうちの死んじゃったねこのミドリさん
関係ないんだけど・・・
やっぱり和ネコの風情


まだちょっと手首が本調子じゃないので当時のスケッチだけ載せます




Category :  エッセー
tag : 
絵を描くときは
だいたいこんな手順です



何枚かのスケッチ


                  bard03.jpg


きのう載せたものなど
     bard02.jpg


全体の構図

このときストーリーをでっちあげます
ここでできるブドウ酒はなかなかのものだ
修道院のシスターだって隠れて飲むほど

ショパンとジョルジュサンドはそれが目当てだったとか

飲みすぎてかえって病気が悪化した

とかなんとか

時間は午後

風はここちよい程度

晴天

修道院に後光がさしている

などなど細かい設定をするのが一番楽しいかな~

bard01.jpg


細部を知るための写真

           bard04.jpg


などを使って描きます

これでイメージの出来上がり

bard.jpg


ブログに載せるのはここまで

事務仕事以外は
毎日一生懸命こんなことやってます

本画はこのあと作業がありますよ~

その作業がけっこうメンドウなので時間がかかります



たくさん出来上がったら個展しようかなー




Category :  エッセー
tag : 
その人はもう60歳は超えているだろうか
端整な顔には深いしわがある
白いロングドレスがまるで皮膚の一部のように板についている
エレガントな薔薇のようだ

縁があってダンサーのコンチャ・デル・マール(Concha del mar)と
食事をする機会を得た
おかしなことに、すごく楽しくて大笑いした
言葉が通じてないのに
こんなことってあるんだな

わたしは薔薇の花の絵を描いてプレゼントした
2枚描いてこれが手元にある1枚
     bara5.jpg

薔薇のような人だった

マジョルカにいるあいだ
わたしは飲みたいものがあった
バルでおじさんたちが飲んでる
グラスにコーヒーがはいっていてお皿に乗ってるやつが

でも何ていえばいいのかわからなかった
知っている飲み物の単語はカフェ・コン・レチェだけ

これってカフェオレなんですよ
わたしはコーヒーはブラック党
なのにそれが言えない
「う~カ、カ、カフェコンレチェ」って感じ

すごくすごく残念です
それだけが心残りです

コンチャからaladaというオーデコロンをいただいた
それがすごくいい香りで
帰ってからも香りのオシャレを楽しむことをおぼえた

たくさん学習したし、いいことばっかりだったのに

あの飲み物だけが残念でならなかった
それだけが本当に本当に心残りだった

最近その名前をつきとめた

「コルタード」

この5文字さえ知っていれば、これが言えさえすれば

わたしの旅は完璧だったのに


今度マジョルカにいくことがあったら
薔薇の花のようなエレガントを身につけて
バルで「コルタード」って言いたいと思う





[Read More...]
Category :  エッセー
tag : 
エーデルピルスというビールを飲んでみて

わたしはなにを隠そうのんべェです

お酒大好き

実はけっこううるさいかもです

Edelpils

この味、好きです、クセになるかも

冷やさないで、お気に入りのグラスにそそいでみました

このグラスは吹きガラスの作家さん小林志保さんが作ってくれたもの


     beer-001.jpg


琥珀色と泡の白さ
たまりませんね

低温発酵されて十分熟成期間をおいてできたものらしいがまさにそんな味わいがする

飲んだ後口に残らないさっぱりした感じがいいですね
ビールだけで楽しめる

もちろんいろんな食べ物に合うと思うけど
今日はせっかくだからビールだけで楽しみました

感想はとてもよいです

飲みながらブログ書くのもたまにはいいね

ハネヤギさんになった気分yagi2.jpg








「サッポロ エーデルピルスWEBサイト」もチェック!



Category :  絵日記
tag : 
今日からあるお仕事のための準備にとりかかります
どんな仕事かといいますと
マンションの一室の壁に絵を描く仕事です

s01.jpg


壁画ですね
部屋全体をプロデュースします
照明も重要ですね
以前から空間芸術に興味をもっていて何回か個展をさせていただきましたが、今度はお仕事です
2度目の個展ではすべて糸をつかってのインスタレーションを試みました

↑のような図を何枚か描きます
そのうちのどれがよいかクライアントと相談して決めます

今回は絵で勝負です
そこで今日から構想など準備段階から毎日ブログにUPしていこうと思います
出来上がっていく過程を楽しんでいただきましょう



[Read More...]
Category :  絵日記
tag : 
そのお部屋は
住むための部屋ではなく
普段サロンとして使われています
なので、できるだけ日常とかけ離れた感じにしたいとのことでした

それは、わたしがいつも絵を描く時心がけてることであり
やりたい仕事なのでやる気満々です

なので逆にクールになる必要があります

とにかく最初はイメージ図案ありき

1案:薔薇の庭 バーネットの『秘密の花園』のイメージです

rose01.jpg





[Read More...]
Category :  絵日記
tag : 
わたしは宗教についてはそれほど詳しくはありません
でも美術の勉強をしているとかかわって来ることがけっこうあります
哲学にも通じてきますね
協会の壁画などは当時の絵描きさんが描いているし

壁画第二案はこの『間道』と題した作品をイメージにします

ストライプが木のように見えたり、真ん中の三角形が道のように見えるように
意図的に創りました

日本全国いろんなところに神社があります
そして必ずといっていいほど鳥居があって神さんが祭ってあります
最近その鳥居が門というより『道』のように見えるんです

「大道無門」という言葉があります
それは「希望には門は無い」ということなのかなと思います
一筋の希望に向って道ができる
そんな感じをもっています

kandou.jpg


この作品のイメージを森の中のように描いてみるのもいいかな

さてさてラフスケッチも描かなくては





Category :  絵日記
tag : 
miti.jpg

最後にもう一案ひねりだそうかとおもったのですが
自分でどんどん進めるよりも途中経過をクライアントに送って感想を聞くことにした

二案を進めてほしいというメールをいただいた

気に入っていただけたみたい

無駄な努力をしなくてよかった!




Category :  絵日記
tag : 
miti02.jpg

森の中にそこだけスポットをあてたような空間があった

周りの景色に溶け込んでいるのに

ぽっかりと別の世界のような異空間

その場所に入るまでずっと大きなトンボが肩すれすれについてきた

目玉の中まで見える程近くにいた

池のような水溜り

山紫陽花・・・この世のものとは思えないほど美しかった

朽ちた大木

湿った清らかに澄んだ空気

時間が止まったような静寂につつまれた

まだトンボは近くにいるのに羽音すら聞こえない

静寂の中にひとり

おそろしく静かでおそろしく美しかった



わたしは山に囲まれた土地で生まれたので海には縁がありませんでした
でも、ブログでお友だちになったカエルさんの夢は豪華客船でクルーズ!

毎日カエルさんのブログへ行って船の中とかの映像をみたりしているうちに
なんだかクルーズしてみたくなりました

大きな船は船酔いしないんでしょうか?
という質問に答えてくれました

夢に向って~(ダイヤモンドプリンセスクルーズ)

豪華客船のすごーい画像がみれますよ~♪
ぜひみにいって~

カエルさんありがとう~~~

OLミユキさん実はカナヅチその上船酔い体質!!






Category :  絵日記
tag : 
今回わたしの絵を壁画にというクライアントは
まだ20代のサロン経営者
だからこんなユニークな依頼が出来るんですね

これは以前から試行錯誤している壁作りの道具と材料です

    tool.jpg


わたしは以前から壁に絵を飾るのは好きではありませんでした
床の間などに掛ける掛け軸はステキだと思ってましたが

やはりDNAがそう思うのでしょうか
基本的に額縁がキライなんですねー

かといって壁に直接描くのはいろいろな意味で躊躇します

まず取り外せない

ユニークな依頼にはユニークな発想でこたえなければなりません

いくつか方法はあります

①屏風のようにつくる
②スクリーンのように吊るす
③壁をつくる(漆くいで擬似壁を作り絵を貼り付ける)

①と②はやったことがあるので
個人的には③をやってみたいところです

要相談、アイデアとして提示しないといけませんね
今からミニチュアを作ります

今後絵を描いていく上で大変重要なアイテムになると確信しているノウハウですので、じっくりとりくみます



Category : 
tag : 
 haneneko.jpg


 『ハネネコ』をご鑑賞くださりませ^^






ありがとう あなたのミユキより




プロフィール

せいみゆき

Author:せいみゆき

カテゴリー
コメントありがとう
最近の記事
最近のTバック
ブログ内検索

RSSフィード
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

掲示板

ランキングもよかったら応援してくださいね
人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

リンク
ミユキさんにメール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク☆バナー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。